パーソナルツール
現在位置: ホーム 進学情報

進学情報

味埜・佐藤研究室の入口

現在(2016年度)、味埜・佐藤研究室には3種類の「入口」があります。

工学部都市工学科の4年生が、味埜教授もしくは佐藤准教授を卒業論文の指導教員に選ぶ。

例年4~5月に開催される「卒論説明会」でお会いしましょう。

新領域創成科学研究科社会文化環境学専攻の入試を、味埜教授もしくは佐藤准教授を指導教員に希望した上で、突破する。

研究内容で紹介した4種類の課題のうち、

  • 排水/廃棄物管理の社会的・技術的な評価
  • 新しい排水管理/処理技術の開発
  • 水・物質代謝と関わる微生物生態系の解析

に興味のある方が向いています。博士課程、修士課程を問わず、このページの主な対象です。

新領域創成科学研究科サステイナビリティ学教育プログラムの入試を突破して、味埜教授もしくは佐藤准教授を指導教員に選ぶ。

研究内容で紹介した4種類の課題のうち、

  • 排水/廃棄物管理の社会的・技術的な評価
  • サステイナビリティーを核とする環境教育プログラムの体系化

に興味のある方が向いています。このページもある程度お役に立つと思いますが、研究室よりもプログラム単位での活動が主体となることにご留意ください。

進学希望の方への情報

教員との面談

研究室に所属するにあたっては、研究内容や教員との相性が大切です。例年5月に入試説明会を開催し、研究室の紹介をしています。また、それとは別に願書提出前であれば個別の研究室見学にも随時対応いたします。まずは教員までお問い合わせください。

柏キャンパス

いわゆるキャンパスライフは、千葉県柏市柏の葉にある柏キャンパスで送ることになります。

キャンパスの公式な案内があるので、そちらをご参照ください。

新領域創成科学研究科

社会文化環境学専攻・GPSS-GLIとも、この研究科に所属しています。入試説明会の案内や募集要項の入手方法など、入試に関する総合的な情報はこちらをご参照ください。

また、研究科の公式ウェブサイトにて、名前では分かりにくい実体をご確認ください。

社会文化環境学専攻

専攻の公式ウェブサイトはこちらです。

修士課程では、専攻単位での講義や演習に費やす時間も多くなります。各研究室のウェブサイトへのリンクもあるので、当専攻の幅広い研究分野をご覧ください。

GPSS-GLI

プログラムの公式ウェブサイトはこちらです。

入試~授業がすべて英語で行われることをはじめとして、かなり特徴的なプログラムです。学生の活動(特に演習)の様子を十分にご確認ください。

修了後の進路

修士課程修了後

研究内容と関連の深い分野では、水処理関連のメーカーやエンジニアリング会社、公務員、環境・建設関連のコンサルタントなどへの就職が考えられます。

とはいうものの、最近の実績は以下のとおりです(社名変更は未対応)。

  • 広義の水処理関連: クボタ、日鉄環境エンジニアリング、新日本製鐵、日立プラントテクノロジー、オルガノ、三機工業、花王
  • 公務員: 国土交通省(総合職技術系)
  • 博士課程への進学: 2001年修了以降で8名(いずれも研究室内部での進学)
  • その他 : 三菱UFJモルガンスタンレー証券、三井物産、みずほ証券

博士課程修了後

基本的に、専門分野に近い仕事を続けています。

具体的な進路は、個人情報が多くなるので、進学希望の方からのお問い合わせに限って別途お話しします。

ドキュメントアクション